アップデートした申請用総合ソフトを以前のバージョンに戻す。

申請用総合ソフト 2.6A から 2.7A へアップデートするとトラブルが発生するという事務所が多いようですね。その原因がパソコンのセッティングだった場合、根本的な解決にはならないと思いますが、一時的な回避方法としてアップデートしたバージョンを以前の状態へと戻してみましょう。

注意:新規でインストールした申請用総合ソフトのバージョンをダウングレードすることはできません。

プログラムの追加と削除から申請用総合ソフトを変更と削除する
方法は簡単です。コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」から申請用総合ソフトの変更と削除ボタンを押すだけです。(Windows 7の場合はプログラムのアンインストールから)

申請用総合ソフトの保守しばらくすると申請用総合ソフトの保守という画面が表示されるので「アプリケーションを以前の状態に復元します。」がチェックされていることを確認してOKボタンを。

アプリケーションは復元されましたアプリケーションは復元されましたというウィンドウが表示されればダウングレード成功です。

申請用総合ソフトバージョン情報(2.6A)申請用総合ソフトを起動し、バージョン情報を確認すると2.6A(2.6.1.35)になっています。

ちなみに、この方法は1度までしか申請用総合ソフトの更新履歴を遡ることができないようです。

しばらく様子を見てソフトが安定(またはパソコンのセッティングの見直し)してきたら ShinseiyoSogoSoft フォルダをバックアップし、同じ方法から申請用総合ソフトを削除 →新規インストールした方がいいかも。

 

 

 

コメントは受け付けていません。