異体字を画像として利用する方法 – LibreOffice

素人の私は違和感なく見えるように「LibreOffice で外字を挿入する方法」という記事を書きましたが、日本OSS推進フォーラムが提供しているPDFにあった方法も備忘録として書いておきます。

挿入した画像の設定画像データを保存し、挿入するまでは同じ。挿入した画像をダブルクリックすると表示される設定にサイズを12pt(pt表示にするにはツール > オプション > Libreoffice Writer > 全般 > 使うサイズをポイントに変更)

アンカーを「文字として」に。位置の縦を「中央」基準を「行」に設定。

日本OSS推進フォーラムの方法で外字を挿入設定するとこんな感じで表記されます。どっちがいいかな??

ちなみに、異体字の検索は法務省の戸籍統一文字情報ではなく(経済産業省の)文字情報基盤整備事業簡易検索システムを利用している模様。

 

コメントは受け付けていません。