印鑑制度の終焉?

喜屋武印影契約書、委任状などなど。登記申請はもちろんのこと、金融機関ほか印鑑は至る所で必要不可欠な道具です。欧米人のようにサインに慣れ親しんでいない私たち日本人(アジア人)は本人の意思を確認するツールとして印鑑と共にその歴史を歩んできました。

皆さんも 3D プリンターという言葉を耳にしたことがあると思います。プリンターで立体物を印刷するというあれです。今はまだ遠い未来の話かもしれませんが、確実に私たちの目の前に現れるであろう代物。

とても革新的で便利なアイテム。3Dプリンターの出現によって時代は大きく変わるかもしれません。しかしながら、便利さを逆手に取って悪用しようと目論む人間がいないとは言えないわけで。何が言いたいかと申しますと、3Dプリンターと印影さえあれば全く同じ印鑑を複製できる(本人の意思に成り済ます)らしいのです。

印鑑制度を廃止するのか、印鑑証明書の質やセキュリティを上げるのか、あるいは印鑑に電子的な何かを追加するのか。電子的な何かに変えるのか。詳細はまだわかりませんが、印鑑について改めて見つめ直す時代が到来しているのかもしれません。

頑張ってください(笑)

これからは人前で気軽に押印することが難しい時代になるかもしれないな。あと、契約書や委任状も迂闊に人前に出すと危険そう。印鑑だけじゃなく指紋もやばいのか。うーん。

参考までに

 

追加

今に始まったことではないのか。

 

コメントは受け付けていません。