司法書士が個人情報記載の紙をファクス誤送信(大阪)

司法書士が個人情報記載の紙をファクス誤送信(産経ニュース)

 

誰にでも些細なミスはありますが、そろそろFAXの利用も見直さないといけない時期なのかもしれません。しかしながら…先方がFAXでしか受け取れない環境であれば使わざるを得ないというのが困りどころ(涙)

たしか、FAX特有の音(ピーガー)って送信する文字情報を読み取ってサウンドデータに変換したものなので、その音を拾えたら情報を盗み取ることもできたような…。うーん、なんか良い方法ないかな??

追加:新聞記事のテキストを削除しました(平成24年6月27日)

 

コメントは受け付けていません。