住居表示から地番を予測する。

住居表示から地番を調べるには。の続編になるのかな?

すべての住居表示を確認したわけではないので、もしかしたら違っている地域もあるかもしれません。登記に欠かせないのが地番の存在。この地番は住居表示が実施されると皆さん馴染みのある「住所」と登記簿の住所にあたる「地番」に分かれます。

住居表示が実施されても地番を引き継ぐと利用者にとっては都合がいいのですが、新たに割り振られます。昔の住所(地番)は把握しているけど、登記のために最新の地番を知りたい方がいたら最寄りの役場で住居表示台帳を確認してください。

土地の地番と住居表示

ちなみに那覇市の場合だと便利なことに「那覇新旧住所検索システム」というサイトがあるので、旧住所から新住所を検索し、○○丁目と旧住所を足したの住居表示実施後の地番になります。おそらく。

旧住所から新住所を検索

たとえば…字二中前100番地の現在の地番を知りたいときは…

字二中前100番地ヒットした楚辺一丁目に100番地を足した「楚辺一丁目100番地」が現在の地番となります。要するに「土地の所在」がわかればオッケーという意味です。

 

多くの人に伝わりやすいように大雑把に説明しましたが文章では表現が難しいなぁ。まあ、参考程度に。

 

 

 

コメントは受け付けていません。