Safariから登記事項証明書のオンライン請求ができるようになりました。

 

Safari 6.0先日、Safariがバージョン6.0にアップデートされました。以前までのバージョンは登記・供託オンライン申請システムのかんたん証明書請求からダウンロードしたtmpファイルに「.xml」があり、削除しても何故か読み込めなかったのですが、新しいバージョンからダウンロードしたファイルには「.xml」が付与されなくなり、オンラインからの登記事項証明書の請求が可能となりました。やったー!

今まで、司法書士事務所が使うことができるブラウザは Internet Explorerだけでしたが、登記情報提供サービスがリニューアルされたおかげで、Firefox、Google Chromeが加わりました。今回のバージョンアップで Macユーザはこのラインナップに Safariが加わることになります。ありがとうございます(笑)

 

Safariでtmpファイルを請求書に取り込むちなみに請求書にtmpファイルを取り込むには…かんたん証明書請求にログインし、オンライン物件検索で該当する物件をダウンロード。申請書のファイルを選択をクリック。

Safariでダウンロードしたファイルがある場所ダウンロードフォルダのなかに日付けが書かれたフォルダからダウンロードしたtmpファイルを取り込んでいつも通りに請求してもらえればオッケー。

Safariのポップアップウインドウセキュリティを解除 なんですが、このままだと電子納付ができないので、Safariの環境設定のセキュリティから「ポップアップウインドウを開かない」のチェックを外してください。これで他のブラウザと同じように請求ができるようになります。

 

 

拡張子をpngからbmpに変更 追加:戸籍統一文字情報から外字をダウンロードする場合はコンテクストメニューから「イメージを別名で保存…」を選択肢、書き出し名を「png.png」から「○○.png」で保存。保存したファイルの拡張子を後からbmpに修正してください。ファイル名の○○は見た人が把握しやすい英数字がベターです。

 

 

Safariから登記事項証明書のオンライン請求ができるようになりました。” への1件のコメント

  1. ピンバック: iPhoneから、かんたん証明書請求の電子納付ができました。 | 喜屋武孝清 司法書士事務所