ナハ。

沖縄県地名大辞典739項私は那覇研究家でも外字研究家でもありませんけど、琉球史研究家の上里隆史さんがとても興味深いツイートをしていたので紹介されてもらいます。

正徳16は永正18のミスかなーと思ったのですが、種子島時尭は1528年生まれらしいので、別の年号との勘違いだと思います。はい。まあ、細かいことは置いといて。

時は安土桃山時代。沖縄が琉球と呼ばれていた時代。尚清王尚元王あたり。その頃から「那覇」という表記が使われていたなんて驚愕ですね。その書状には新字体と外字のどちらが使われていたのかな?

登記簿に外字の「那覇」が使用されるようになった経緯には原因があると思うのですが、私には皆目検討がつきません。手書き文字だから読み違いとかもあったんじゃないかな?と妄想してみたり。戸籍も達筆すぎて読み解くのに苦労することがありますしね(笑)

ウチナーグチだとナーファ(nafa)と呼びますが、放送用語委員会の前身、放送用語並発音改善委員会でナハ(naha)と決定されたそうな。

 

包摂規準という言葉もあるのか。頭の中に入れておこう。写真は沖縄県地名大辞典739項の那覇市の項目より。

 

 

ナハ。” への2件のコメント

  1. ご紹介ありがとうございます。上里です。「正徳」という年号は日本年号ではなく中国年号です。年号記載はその根拠となる文書に記されているものに依拠しています。琉球は一貫して中国年号を使用していたので、琉球発の文書は全て中国年号でした。

    • 上里さん、コメントありがとうございます。なるほど、正徳とは中国の年号だったんですね。勉強になりました(笑)