戸籍や住民票の郵送請求について。

定額小為替金受領証
不動産の売買登記や相続登記、商業登記の際に必要なのが、住民票や戸籍謄抄本、戸籍の附票など。登記には欠かせないこれらの書類。近場の役所であれば直に足を運びますが、他府県の遠隔地となると大変です。

司法書士は職務上請求ができるので、請求書と返信用の封筒、定額小為替を同封し、各役場へと郵送請求すると数日後に必要な書類が郵送されてくるという段取りです。

が、この定額小為替の手数料が100円もするんですよね(笑)久しぶりに購入して驚きました。以前はたしか各金種一枚につき10円じゃなかったかなぁ??ケチ臭いなーと感じるかもしれませんが、郵便局も民営化されたので支払い方法をこちらで自由にチョイスできたらいいのにーと感じました。

定額小為替は有効期限(6ヶ月)がありますし、直接口座に振り込めたら換金等の余計な手間も省けるのにね。(Pay-easyで支払いができる地方公共団体もあるようです)

 

参考ページ:郵便による証明書の請求(那覇市役所)

 

 

 

コメントは受け付けていません。