受付代行システムの機能改善

【お知らせ】受付代行システムの機能改善について

登記・供託オンライン申請システム(以下「本システム」といいます。)に申請等手続をすることができない障害が発生した場合において,速やかにその復旧 をすることが困難であると見込まれるときは,不動産登記及び商業・法人登記の申請の処理を代行する登記オンライン申請受付代行システム(以下「受付代行シ ステム」といいます。)の運用を行うこととしています。
これまでの受付代行システムでは,障害が解消し,本システムに切り戻した後,オンライン 処理を希望する場合は,本システムに対して当該申請情報ごとに「オンライン処理申出様式」を送信していただく必要がありましたが,今般,機能改善を行い, 本システムが復旧した後の「オンライン処理申出様式」の送信を不要とし,受付代行システムにおいて手続終了まで処理状況の更新を行うことを可能としまし た。
また,オンラインによる発行を希望している場合,電子公文書(登記識別情報通知,登記完了証)についても,当該申請情報に対して,オンラインによる発行を行います。
ただし,受付代行システムに送信した申請は,電子納付をするための納付情報が発行されないため,電子納付を利用することはできません。収入印紙等により納付してください。
詳しくは, 「受付代行システムの運用等」をご確認ください。

  • 受付代行システムによる運用中に利用できないもの
  • 受付代行システムへ送信することができる申請様式

留意事項

受付代行システムへ申請情報を送信した後は,障害の解消により,登記・供託オンライン申請システムに切戻しがされた後であっても,受付代行システムへ送信 した申請に係る補正,取下げ,却下,登記の完了,登記識別情報の通知及び登記完了証の通知は,受付代行システムを通して行います。

 

以前受付代行システムの稼働訓練にも参加しましたが、文章だけじゃイメージしづらいのであんまりピンと来ませんね(笑)

 

コメントは受け付けていません。