AcrobatにSignedPDFをインストールする(追加)

キャン事務所に新しく導入したWindows 7に登記申請のための各種セッティングをしたはずなんですが、合同会社の電子定款を法務局に送信したところ電子署名されてないとの補正通知。

あれれ??あれこれ悩みながら考えてみるとデフォルトの署名形式を設定し忘れていたという凡ミス。。って、以前の記事を確認しても、このことについては触れてないじゃないですかー(涙)

法務省が提供しているPDF署名プラグインの操作手引書を読んでいる方には何を今さらと感じるかもしれませんが、とりあえず追加情報を足しておきます。

Acrobat環境設定Acrobatにセコムトラストシステムズの電子証明書を取込んだら、メニューバーの編集→環境設定→一般をクリック。コントロールキーとKボタンでもオッケーです。

環境設定>セキュリティ>電子署名続いて、分類の項目にあるセキュリティをクリック、詳細環境設定をクリックしてください。

電子署名の詳細環境設定作成タブの中にある「文章の署名および暗号化時に使用するデフォルトの方法」がAdobeデフォルトセキュリティになっているのでSignedPDFに変更してOKボタンを。

これで設定は完了です。

Code=0x3f100001電子署名したPDFを開いた際に「この製品では、検証はできません。Code=0x3f100001」というSignedPDFのウィンドウが立ち上がれば法務局の電子署名対応になっています。

ちなみに、Acrobatはパソコンの管理者か管理者として実行でないと電子署名はできないそうです(未確認)

 

 

AcrobatにSignedPDFをインストールする(追加)” への2件のコメント

  1. ピンバック: Acrobatに電子証明書をインストールする。 | 喜屋武孝清 司法書士事務所

  2. ピンバック: アクロバットでセコムパスポートを利用する。 | 喜屋武孝清 司法書士事務所