パソコンと長くつきあう(視覚効果の変更)

その昔、喜屋武事務所ではエプソンのPC互換機を使用してました。その前は写植機を使ってました。その後、NECのバリュースター VC900H/8 という貧弱なデスクトップと低スペックなノートパソコン3台を騙し騙し使っています(笑)

契約書の作成から登記のオンライン申請まで、司法書士事務所には欠かせないパソコン。常に新機種を導入できたらいいのですが、オンライン申請用に各種セッティングをする手間を考慮すると気軽に買い替えるわけにもいきません。

しかしながら、長い間使用しているとどうしても反応が遅くなっちゃうんですよねー…というわけで、パソコン音痴な司法書士事務所にお送りするパソコン講座(笑)

 

インターネットを検索すればヒットしますが…まずはお手元の画面に表示されている「マイコンピュータ」を右クリックしプロパティ(R)をクリック。

マイコンピュータ

次に、表示されているシステムのプロパティの「詳細設定」のタブをクリック。

システムのプロパティ

パフォーマンスの設定(S)をクリック。

詳細設定

視覚効果のタブにある「パフォーマンスを優先する(P)」をクリック

パフォーマンスを優先する

適用(A)をすると昔懐かしいウィンドウになればOKボタンを押してください。見た目は素っ気ないですが、だいぶ動作は軽快になるかと思います。まずはお試しを。

視覚効果

パソコンと長くつきあう(視覚効果の変更)” への2件のコメント

  1. ピンバック: パソコンと長くつきあう(メモリの増設)

  2. ピンバック: 64bit版 Windows 7対応、申請用総合ソフトが12/9にリリース。 | 喜屋武孝清 司法書士事務所