登記事項証明書の穿孔にあたるもの。

登記事項証明書の整理番号

法務局で発行した登記簿の写し(登記簿謄本)がバラされていないという証の穴を穿孔といいます。が、コンピュータ化された登記簿の写し(登記事項証明書)では、これが一つのものという法務局の証明にあたるものが登記事項証明書の最下部に記載されている整理番号です。

不動産はアルファベット、法人はカタカナから始まり、括弧内の数字は申請時の件数(申請書に不動産が5筆あれば1/5)、その次の数字が登記事項証明書の頁数を示しています。

なお、写真のように同一物件の登記事項証明書を複数枚請求すると、同じ整理番号が記載された登記事項証明書が出力されることになります。この整理番号を法務局に問い合わせれば、履歴を照会できますと応対した担当者は話していました。未確認ですが(笑)

ちなみに。かんたん証明書請求のエラーだと思いますが…かんたん証明書請求で申請した場合は上記写真のとおり件数は全て(1/1)で表示されます。那覇地方法務局だけの現象でしょうか?加えて、かんたん証明書請求から申請すると整理番号だけでなく申請番号も付与されています。

 

 

 

登記事項証明書の穿孔にあたるもの。” への1件のコメント

  1. ピンバック: オンライン申請の弊害(銀行) | 喜屋武孝清 司法書士事務所