金券ショップで収入印紙を購入する方は要注意!

※他府県、他ショップでは状況が少々異なっているかもしれません。

少しでも登記費用を抑えるために、あるいは節税対策に収入印紙を最寄りの金券ショップで購入する方もいるかと思います。郵便局の窓口では額面通りでしか購入できないため、微々たる額であっても額面が大きくなればかなりのお得感はあるでしょう。

だがしかし、必ずしもメリットだけとは限りません。ここでは収入印紙を金券ショップで購入するさいのデメリットを紹介してみたいと思います。

まず、その1!

  • 大きい額面の収入印紙の取扱いが少ない。

これは市場に出回る量が圧倒的に少ないというのが大きな理由だと思います。郵便局で買い間違いでもしない限り金券ショップには持ち込まない…と思います。多分。ちなみに、手数料は必要ですが、印紙や切手の交換(返金は不可)は窓口でできます。

次に、

  • 保険や補償が利かない。

金券ショップで収入印紙を購入する際のデメリットで一番大きいのがこれです。申請書に貼った収入印紙が万が一に偽造だったとき。その補償や交換が一切利かないんです。当然、登録免許税を新たに納付しなければなりません。数万円であれば勉強だと思って諦めもつきますが、数百万円と桁が違うと…。

 

これは私が沖縄県内の某金券ショップで実際に確認した話です。ショップの店員さんには営業妨害扱いされてしました(笑)が、だからショップも大きい額面は取扱いたくないのかなーとも思いますね。

コピー機を含めた印刷技術の向上は凄まじいものがあります。もし、どうしても金券ショップで購入したいのであれば、偽造のことも懸念して一言確認してみた方が良さそうです。

 

 

金券ショップで収入印紙を購入する方は要注意!” への1件のコメント

  1. ピンバック: 全国的に偽造収入印紙詐欺が横行。