ウェブサイトのスマートフォン対応について。

先日、登記・供託オンライン申請システム登記情報提供サービスのサイトがスマートフォンに最適化されてないのがもったいない云々という話を偉そうに書いちゃいました。が、実はスマートフォン市場を牽引してきたiPhoneを発売しているAppleのウェブサイトがスマートフォンなどのモバイルブラウザに対応していないというのはとても有名な話です(笑)

アップル

 

スマートフォンの小さな画面でもパソコン上のブラウザと同じように操作できるサイトを意識してデザインする。のと、スマートフォンからのアクセスを二段構えの専用サイトに振り分ける。のと、専用アプリをリリースする。のでは、どちらが手間がかかるかは一目瞭然ですからね(笑)

ちょっとしたことかも知れませんが、多くの人に喜んでもらうためにそれぞれのメリットも考慮に入れながら検討しないとですね。ちなみに、喜屋武事務所のサイトは面倒なのでプラグインで大雑把に処理しています(汗汗)

他人のことより自分のことをってことか。。ふう。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。