iPhoneから登記事項証明書を請求してみる。

つづいて、iPhoneから登記事項証明書を請求してみます。

結果からいうと、iPhoneから登記事項証明書を請求することはできますが、電子納付ができません…。納付番号と確認番号をメモし、銀行のサイトへアクセス(もしくは郵便局にあるATMからペイジーで)し、30分以内に支払いする必要があります。未確認ですが、恐らくAndroidからもできないと思います。

登記・供託オンライン申請システム(iPhone)まずは登記・供託オンライン申請システムのウェブサイトトップ画面。当然ながらスマートフォン用に最適化はされていませんね。

登記・供託オンライン申請システムログイン(iPhone)かんたん証明書請求へのログイン画面。

パスワードを保存iPhoneだとパスワードを保存してくれるので、とても便利です。

かんたん証明書請求メニュー(iPhone)かんたん証明書請求メニュー画面。

かんたん証明書請求取り込み不可(iPhone)で、これがスマートフォンからオンライン物件検索ができない問題点。スマートフォンからはtmpファイルを請求書に取り込むことができない仕様です。

なので、かんたん証明書請求へログイン後「オンライン物件検索を使う」からではなく「物件情報を直接入力する」へアクセスし、物件情報を不動産番号指定へ切替え、13桁の数字を半角で入力してください。物件入力指定でも請求可能だとは思いますが、入力するのが面倒臭かったのでやめました(笑)

 

検索〜ダウンロードちなみに、オンライン物件検索はパソコン操作と同じようにできます。

tmpファイルをダウンロード(iPhone)が、tmpファイルをダウンロードしてみると、This page contains the following erorrs: Below is a rendering of the page up to the first erorr.というエラーが表示され文字化け。たしか、Safari.app からも請求できなかったな。

これって、新しい登記情報提供サービスのシステムを導入したらすぐに対応できますよね?もったいない。

 

追加:iPhoneからの電子納付ができました。未確認ですが、ブラウザのポップアップブロックを解除すれば Androidでも可能だと思います。

 

 

iPhoneから登記事項証明書を請求してみる。” への3件のコメント

  1. ピンバック: ウェブサイトのスマートフォン対応について。 | 喜屋武孝清 司法書士事務所

  2. ピンバック: iPhoneから、かんたん証明書請求の電子納付ができました。 | 喜屋武孝清 司法書士事務所

  3. ピンバック: PayPal Hereを導入するために(法人向け) | 喜屋武孝清 司法書士事務所