便利なインターネットバンキング決済ですが。

沖縄県では沖縄銀行琉球銀行沖縄海邦銀行がインターネットバンキングを利用できます。喜屋武事務所ではパソコンからのオンライン申請、謄本請求の支払いは沖縄銀行のインターネットバンキングを介して決済しています。

オンライン申請や謄本請求をすると、イーガブという総務省が運営する電子納付のための怪しいポータルサイトからに沖縄銀行を選択するだけで、自動で収納期間番号、納付番号、確認番号が自動で付与されるのでとても便利です♪

が、難点を一つだけ。沖縄銀行の「おきぎんeパートナー」というインターネットバンキングは「お取引の終了」という項目にある「ログオフ」ボタンを押してサイトを閉じないと15分から20分の間ログインができなくなるため「イーガブ経由でログイン」すると以下のような画面が表示され、指示通りに画面を閉じるとロック状態がループします。

おきぎんeパートナー「画面を閉じてください」

このような場合、沖縄銀行のトップ画面からeパートナーへアクセスし、取引履歴照会を実行→ログオフボタンを押した後に再度申請画面から決済してもらうか、申請後に与えられた納付番号と確認番号をメモし、取引履歴照会を実行→税金・各種料金の払込から収納機関番号(法務局は00100)と納付番号、確認番号を入力し納付してください。

デメリットが多く感じるインターネットバンキングですが、オンライン申請の際にインターネットバンキングを使用するメリットは…

  • わざわざ銀行へ足を運ぶ手間が必要ない
  • 収入印紙を購入する手間が省ける
  • 大きな金額であっても持ち運ばすにすむ
  • 申請から支払いまでの待ち時間が短い

というものがあります。インターネットを通してショッピングをする方はこの機会にどうですか?

 

沖縄銀行にはログオフボタンを目立つ場所(上部)に置いてもらいたいところです…。あと、ログオンパスワードを入力する際の大文字英数を使用するというのも理解に苦しみます。ログオン時にシフトキーを押すのが面倒(笑)

 

 

便利なインターネットバンキング決済ですが。” への1件のコメント

  1. ピンバック: オンライン申請、インターネット決済の落とし穴 - 喜屋武孝清 司法書士事務所